今朝の夢の話

病気の事とはあまり関係がないのだけれど、

 

今朝、自分が死ぬ夢を見ました。

 

少し時間が経ってしまったのでもううろ覚えではあるんですが、多分病気で死んだわけじゃなかったと思うんですが、所謂、魂だけの状態になってウロウロしていた、という夢。

 

魂だけになって、動物とか霊的存在とは意思疎通が出来るんだけれど、目の前に見えている身近な人達には全然気づいてもらえないし、言葉も届かない状態でどうしようかなぁと途方に暮れていました。

 

誰も自分の死を悲しんだりせず、普通に生活が送られている世界だった。

それがあまりにも自然過ぎて、自分も死んだ事実を受け入れるしかないか〜と思いながら目を覚ましました。

 

自分が死ぬ夢ってたぶん初めて見たんですが、なんというか、こんな穏やかで寂しいものなんだなぁとちょっと自分の死後世界への深層心理を垣間見たような体験でした。

 

というだけの話。