健康診断と例のアレ

会社の健康診断を受けてきました。

 

人生初のバリウムを経験してきました。

人生初だったので、折角だから体験談など。

 

なんか、バリウムの前評判って

・味とか諸々凄いけど昔よりはだいぶ飲みやすくなったよ

バリウムは石灰水みたいな感じ

・ゲップが出たらもう一杯

・ゲップの我慢が大変

・機械の台に寝かせられて上向け横向け言われるのが地味にきつい

・握力がないと台から落ちそうになってそれが大変

・その後の白い便

・その後の白い便が出ないと腸内でバリウムが大変な事になるらしい

って聞いていました。ので割とドキドキヒヤヒヤしながら臨みました。

 

まず機械の前に立たされたのち、白いつぶつぶと白濁した液体を少量ずつ渡され、「胃を膨らませるお薬なので、飲んでからゲップは我慢してください」との指示。なるほどこれか。つぶつぶを口に含んだ瞬間唾液でしゅわしゅわし始め、液体で流そうとしても酸っぽい味がして結構きつい。でも口を閉じていればそんなにゲップが上がってくる感覚はなかったです。

その後、牛乳瓶位の大きさの容器に2/3位入ったバリウムを、まずひと口に含み、それを飲下し、その後一気に飲みきってくださいとの指示。バリウムの味は、なんというか「優しい甘みのザラザラまったりした白い液体」って感じでした。飲みにくいことは無かったんですが、飲むと口内やら食道やらにへばりつく感じがあって、気持ち悪くは無いけれど違和感が凄い。

それから機械の台を倒され、検査士さん(?)の指示に従って台の上でぐるぐる転がったり、横向いたり斜め向いたり台を傾けられたりしながら画像を撮られました。その間5分位?最後に台を起こされ、どこからともなく現れたアームでお腹をぐいぐい押される。何気にこれが結構きつい。

最後に口をゆすぐためのコップと下剤を4錠渡してもらい終了。

終わってからも結構口の中にザラザラした触感と食道から下の違和感がずっと残っていて微妙に気持ち悪い感じでした。最後までゲップは出なかったけれど、私の次に受けてた知らないおじさんは口をゆすぎながらぐえーってしてました。我慢してたんやなおじさん...

 

その後子宮頸がんの検診の時に触診として下腹部を押さえられたんですか、バリウム検査で胃腸が膨らんでいるのでそれに耐えるのが割ときつかった。

 

思ったよりは全然しんどくなくて、これくらいなら大丈夫かな〜という印象でした。

ただ、2回に分けて飲んだ下剤が効いたせいか寝る前にお腹はパンパンに張るわじくじく痛むわで地味なダメージ。ちなみに朝になってもお腹を壊し続けていたので(元々お腹弱いからなあ...)、会社に午前中お休み連絡を入れて、いまお腹を温めながらこの記事書いてます。まだゴロゴロ言ってる。

 

バリウムよりは胃カメラ(未経験)の方が怖い...